ガラパゴス諸島現地情報 (写真はイメージ)
エクアドル本土から太平洋を隔てておよそ 1000km西に点在するガラパゴス諸島は最初におよそ600万年前の海底火山の活動によって東部地区が誕生しました。その後、大きく分けて2回の噴火で中央部、その後西部が生まれ、現在の諸島が形成されました。 ガラパゴス諸島には名前の付いている島が123島ありますが、主な島は13の大きな島と6つ小さな島で、それ以外の島は小島でなりたっています。陸地面積のおよそ97%がエクアドル共和国の国立公園に指定されています。 1835年、イギリス人チャールズ・ダーウィンも進化論を記すきっかけにもなったこの自然の「生命の研究所」ガラパゴス諸島を訪れました。 多くの生物が大陸とは違う進化を遂げており、人間のことは捕食者として認識をしていないので今日でも人間を恐れることはありません。ガラパゴス諸島が次世代に残すべき地球の財産として、どのように守られているのか、その管理手法についてご紹介します。

ガラパゴス観光の成り立ち
 
ガラパゴス諸島に商業目的の観光が始まったのは1969年のことです。諸外国からのガラパゴス観光待望論に応えて当時のエクアドルの旅行会社2社が着手したのが最初とされています。 観光船の第一号は「LINA A(リナA)号」と呼ばれ、現在と同様に宿泊をしながら諸島内を巡ることができる設備を備えていました。船内で宿泊しながら諸島内を巡る観光スタイルは、広大で宿泊施設の少ないガラパゴス諸島を効率良く観光ができるスタンダードモデルとして定着しています。当時はまだ秘境と考えられていたガラパゴスにも観光の門戸が開かれたことで、待ちわびた人々が世界中から訪れることが可能になりました。観光統計では、観光元年の翌年にあたる1970年の1年間にガラパゴス諸島を訪れた正式入島者数は4,579名であったと記録されています。ガラパゴスで実践されてきた観光システムは、エコツアーの成功モデル、エコツーリズムの先進モデルとして今では世界の注目を集めていますが、ガラパゴス観光が始まった当時は観光産業を規制する制度はまだ確立していませんでした。自然保護のための管理計画が具体的に施策されたのは1975年のことで、諸島内に国立公園管理事務所が設立された翌年の事です。現在使用されているものは 1984年に発表された基本計画が基礎になっていて、原則は施策当時と変わらない点が、ガラパゴスの観光モデルが世界のエコツアーの先駆けと評価を受ける理由です。
グアヤキル空港風景
左からCONSEJO、SICGAL
国内線搭乗受付カウンター
COSEJO入島管理カード(IDカード) SICGAL検疫風景
観光システムの現状(記載の内容は2016年11月現在)
1.入島管理
ガラパゴス諸島の来島者は、本土を離れる前にキト又はグアヤキルの空港内にあるCONSEJO(意訳=ガラパゴス開発庁)ブースで入島の申請と入島管理料(一人当たりUS$20、2016年11月現在)の支払いをして、IDカード付きの入島管理カード(Tarjeta de Contro Transit para ingresar a Galapagos、意訳=ガラパゴス入島管理カード)を発行してもらいます。この新制度は2008年3月から導入されました。 空港の申請手続きは長時間を要するので、出発の3時間前には空港に到着するように案内されています。クルーズに参加する場合は事前に各クルーズ会社が事前代行申請を行っているので費用をクルーズ代金と一緒に先払いして依頼した方が無難です。 SICGAL(ガラパゴス特別検疫システム)荷物検疫 空港ではガラパゴスに持ち込む機内預けの荷物をSICGALにより検査を受けます。SICGALの検疫済みタグの無い荷物は航空会社は預かりません。ガラパゴスに到着したら手荷物の検査を受けます。持ち込み規制に抵触する果物や草花の種などは没収されますのでお気をつけください。
※空港では、CONSEJO→SICGAL→国内線搭乗受付カウンターの順でそれぞれのカウンターが隣り合っているので迷うことは無いでしょう。  
ガラパゴスに到着
 
空の玄関バルトラ空港又は、サンクリストバル空港に到着すると、CONSEJOカウンター→国立公園カウンター→SICGALカウンターの順で手続きを済ませます。 CONSEJOカウンターで入島管理カードを提出して入島管理、国立公園カウンターで入島料の支払い、SICGALカウンターで手荷物検疫の手順で進みます。 入島者管理は、出発前にCONSEJOカウンターで交付を受けた入島カードに必要事項を記入して提出することが義務付けられています。予め飛行機の中で必要事項の記入を済ませて用意をしておきましょう。隣のカウンターでは、入島料の徴収が行われます。ガラパゴス諸島を訪れる12歳以上の外国人旅行者は、ガラパゴスへの到着時に一人当たりUS$100(2016年11月現在)を支払います。現金しか通用しないので、予め用意しておく必要があります。入島料は諸島内の7つの関係機関に配分され、全額自然環境の保全、インフラ整備に利用されます。前述以外の子供やエクアドル在住外国人、エクアドル人別に、それぞれ異なる入島料が定められています。
※入島料の経済効果
入島料の経済効果は大きく、2015年の統計では1年間にガラパゴスを訪れた観光客の総数は224,755人(約69%が外国籍、31%がエクアドル国籍)を数えました。入島料の経済的な貢献度は大きく、外国籍入島者数だけでも全員が大人だと仮定した場合の総額は単純計算で約1543万ドル($1=105円換算で約16億2019万円)にも相当し、ガラパゴスの継続的保護・保全のための大きな支えになっています。
バルトラ島空港到着ロビー風景 サンクリストバル島空港入島管理風景 バルトラ島空港風景
2.入島ルール
ガラパゴスでは上陸ルールが定められています。事前に旅行会社から入手して理解するか、ナチュラリストガイドの説明をよく理解してください。ビジター・サイトに上陸したら、観光客には遵守しなければならないルールが義務付けられています。主なルールの骨子は、「動物に触らない」「動物を驚かさない」「動物に2m以内には近付かない」「動物の撮影にフラッシュは使わない」「いかなる物(石でも)にも触らない・動かさない」「いかなる物(植物や動物)も持ち込まない」「いかなる物も採集したり持ち出さない」「ビジターサイトでは飲食・喫煙はしない」などのことを基本に観察は自然をそのままの状態で見学して保全するように定めています。

3.ビジター・サイト
ガラパゴス諸島では、上陸のルールと共に、上陸できるビジター・サイトが定められています。2016年2月現在、諸島内の陸上には16島の69ヶ所、海洋には17島の79ヶ所のビジター・サイトが指定されています。これらのサイトは、使用と管理の基本的な設計基準に照らし合わせて常に見直しがなされています。自然の保護・保全のために危惧される事態が発覚したビジター・サイトには、入場の取りやめ処置を講じています。ビジター・サイト以外への上陸には国立公園局への申請と許可が必要になります。 陸のビジターサイトでは、歩いて良いトレイル(歩行路)が木の杭で定められています。動物がトレイルにいる場合を除き、はみ出さないように注意してください。

4.ナチュラリスト・ガイド制度
諸島内の観光は、ナチュラリスト・ガイドと呼ばれる公認ガイドの同行がなければなりません。観光産業に従事するナチュラリスト・ガイドは、国立公園局が養成し、免許を発行します。仕事は、国立公園局の職員に成り代わり、観光客への説明と監視役を勤めるほか、ビジター・サイトの変化や動物の状況などの報告義務も負い、広大な国立公園内のモニタリングと管理の一翼をも担うユニークな制度といえます。ライセンスは知識や能力により次の3段階に分けられています。
  • グレード1: バスの運転手や艀の船頭などを行い、母国語(スペイン語)のみを話す。
  • グレード2: 高校卒業程度の学力があり、母国語(スペイン語)以外に、一ヶ国語(英語、ドイツ語、フランス語など)が話せる。
  • グレード3: 大学や大学院で地理学、生物学、海洋学などを専攻して三ヶ国語以上が話せる。

5.見学ルール
国立公園内は、自然と生物の保護保全のために規制レベルを4段階(厳正保護区域、原始区域、探訪可能区域、特定利用区域) に分けてゾーニングしています。観光の際には、ビジター・サイトによって若干の違いはありますが、通常は一人のナチュラリストガイドが案内できるグループのサイズは上限を16名に制限して一緒に見学をすることにしています。ビジター・サイトには、トレイルと呼ばれる歩行路が定められていて、自然の生態系を壊さないように保全しています。観光時にはトレイル内の歩行が義務付けられています。一般の観光地では、好きな場所で、満足できる時間を過ごせますが、ガラパゴスでは制約もあることを事前に知っておきましょう。

6.観光ルール
諸島内で運航している宿泊施設の伴うクルーズ船のスケジュールは国立公園局の許認可制で、1年毎に更新することになっていて原則的には期間中の変更はできません。この制度は、一部のビジター・サイトに入場者が集中しないように管理ができるので自然保護に効果的です。スケジュールは15日間で全島域の主要な場所を巡る周回プログラムを繰り返し運航する日程で申請を行います。但し、一航海が15日間では長すぎるので3泊、4泊、7泊などのショートプログラムに分割して、スケジュールの途中で観光客の入れ替えができるように工夫を施したプログラムで申請する船会社も多く見られます。ガラパゴスのクルーズ船のスケジュールをこれまでの1週間制から2週間制にした理由は、UNESCOの危機遺産の登録から削除してもらうエクアドルの約束の一つとして各島あたりの年間入場者を減らすために講じた方策です。